酵素とは?

酵素とは?

 

酵素は食べたものを人間の体が使えるように変化させるのに必要になるものです。

 

 

人間の体は食べたものをエネルギーに変えたり、食べたものを使って体を作ったりしています。

 

 

しかし、食べたものをそのまま使えるわけではありません。

 

 

食べ物を食べると、口の中や胃、腸で消化されることによって腸から吸収できるように変化します。

 

 

腸から吸収された後は血液によって体のあらゆる部分に運ばれます。

 

 

そして食べたものが届くとそれを使って体を作ったり、あるいは体を動かすためのエネルギーを作ったりします。

 

 

その際、食べたものは再び変化をします。

 

 

消化の時やエネルギー、細胞などを作るときには食べ物が変化をするわけですが、その時に酵素が必ず必要になります。

 

 

よく、酵素は家を建てることに例えられます。

 

 

家が人間の体で、木材などの原料が食べ物だとすると、大工は酵素になります。

 

 

つまり、木材などの原料を使って大工さんが家を建てるように、食べたものを使って酵素が人間の体を作っている、という事になるのです。

 

 

そして、家を建てるときに大工さんが不足したらきちんとした家を建てられないように、酵素が不足したら人間の体は正常に機能しません。

 

 

人間の体は食べたものを使って体を作ったりエネルギーを得たりしているので、その食べたものを体が使えるようにしてくれる酵素が不足したら、体が正常に機能できません。

 

 

現代は酵素が不足しがちです。

 

 

不足した酵素を補う事で、体内の機能が正常に機能し、代謝が高くなるので、痩せやすくなります。

 

 

そして、肌を正常に作り出すことができるようになるので、美肌効果も期待できるのです。