酵素ダイエットと胃痛

酵素ダイエットと胃痛

 

 

胃痛の主な原因は、ストレス・胃酸の出すぎ・食べ過ぎなどになります。

 

 

そのうち、ストレスが原因の胃痛と酵素ダイエットとは関係性がないです。

 

 

あとは酵素が大きく関係してきます。

 

 

まず、胃酸が出すぎる主な原因は食べ過ぎです。

 

 

食べたものを消化吸収するには消化酵素が必要ですが、たくさん食べすぎると消化酵素が不足します。

 

 

そうなると、食べたものが消化できずに残ってしまいますよね。

 

 

それで、消化されずに残った食べ物を消化しようとして胃酸が大量に出てしまいます。

 

 

そうなると胃が痛くなるのです。

 

 

また、たんぱく質や脂質を摂りすぎると胃酸が出すぎます。

 

 

たんぱく質や脂質は消化に時間がかかります。

 

 

それで消化酵素を大量に消費しますので消化不足になります。

 

 

それで胃酸が大量に出てしまって胃が痛くなるわけですね。

 

 

空腹時に胃が痛くなるのは、胃が空になったからではなくて、胃にたんぱく質や脂質が残っているからです。

 

 

空腹を感じるかどうかは血液中の糖質の量が大きく影響しますので、胃の中にたんぱく質や脂質が残っていても空腹感は感じます。

 

 

胃酸の出すぎを抑えて胃痛を解消するには、不足した酵素を補うといいですよ。

 

 

ちなみに酵素ドリンクを飲んだら胃が痛くなった、という話を時々聞きます。

 

 

考えられる原因は好転反応かストレスです。

 

 

好転反応は体調が良くなっていく過程で、一時的に悪い症状が出てしまう事です。

 

 

例えば風邪が治りかけているときに、いったん熱が高くなることがあると思いますが、この一旦高熱が出ることを好転反応といます。

 

 

好転反応の場合はそのまま酵素ドリンクを飲んでも問題ありません。

 

 

あと、酵素ドリンクを飲むとストレスを感じる場合があります。

 

 

味がマズいものを飲み続けるのはストレスになりますので、それで胃が痛くなる可能性があります。

 

 

酵素ドリンクは種類によってはマズいと思いますので、あまりにもまずくて飲み続けることができない、と感じたら、別の種類の酵素ドリンクにすることも考えてみてはいかがでしょうか?